進捗とか。

焼魚あまねです。

毎度のことながら、更新の間隔長くてすみません。

Twitterの方では時折ゲーム制作について言及しているのですが、こちらの更新は気を抜くとかなり滞ってしまいますね。


さて進捗の件ですが、はっきり言うとあまり進んでいません。

6月中には全体のシナリオプロット完成などと言ってましたが、無理でした。


ただ、ゲーム制作をする中で学んだこと、気づいたことも多くあるので、個人的には時間を無駄にした、意味もなく遅れているなどとは思っていません。


まず、ゲーム制作に対するスタンスですが、当初は初めてのゲーム作りということで、ネットで色々調べて基本を学び、それに則って進めようとしていました。

計画書作ったり、スケジュール決めたりなんかがそれです。

しかし、多くの作業が必要なゲーム制作を、あえて個人でやろうと決めた背景は何だろうと考えたときに、今の考え方は違うなと感じたのです。

間違いなく、今の状況は、組織としてプロジェクトを進めていたと仮定すれば、めちゃくちゃな状況だと思います。

スケージュールから何から、酷すぎてプロジェクトリーダーが頭を抱え、メンバーが僕を責め立てることでしょう。


当然、個人であれ組織であれ、プロジェクトを計画通り、スケジュールに則って進めるのが良いのは事実です。

そこに変わりはありません。


しかし、個人であれば責任は僕一人で済むし、融通も利く。

僕はそういう環境でゲームを作りたかったのだと、再認識しました。

ゆえにマイペースで進めていこうと。

やることは今までと変わらないんですけどね。

心理的な問題です。


だからといってだらだらやるとか、作業をほったらかしても誰にも怒られないからいいやっていう話ではないです。

現時点でも、作業は進んではいるのです。

そしてそれは完成に繋がっている。

それだけは断言できるし、絶対に完成させてやるという意思は揺るぎません。


あと、僕が個人で作っている理由としては、ビジュアルノベルゲームというのが僕の創作活動の集大成としてふさわしい表現方法だと思うからです。

僕は子供のころから割と本を読む方でしたが、それはある種、義務的なものでもありました。

それがより能動的に変わったのが、中学生の頃のライトノベルとの出会いです。

こんなに面白い本があるのかと驚き、ラノベは妄想空想好きの僕にとって素晴らしいものでした。

そして、そこに至る仲介的な役割を果たしたものとして、ノベルゲームがあったのです。


文章を読むということに慣れるきっかけともいえるものです。

流れとしては、

義務的な読書(面白さを理解していない時期)→ノベルゲームとの出会い(イラスト付きで読みやすく、文章を読むことに慣れる。楽しめる。)→ライトノベルとの出会い(この時点で読書好き)

といった感じでしょうか。


創作活動としては、元々絵を描くのが好きで、学校で強制的に色々作文を書かされ、気づいたら文章を書くことも好きになっていて『描く』ことと『書く』ことを続けてきました。


結果として、イラスト単体、小説単体でやってきたことが、ビジュアルノベルゲームの制作に繋がると気づいたのです。

いや、気づいたら作ろうとしていた、というのが正しいのかもしれません。


回りくどくなってしまいましたが、要するに僕をこんな素敵な世界に気付かせ引き込んだビジュアルノベルゲームを、僕も作りたいと。

そしてこの世界の面白さに気付いて欲しいと思ったのです。


だからこその個人製作ですかね。

僕の力で、僕が受けたような感動を届けたい。

自分がどんなものを生み出せるのか、その可能性を探りたい、挑戦したい。


そんな感じです。


あと言ってしまうと、僕には組織としてやっていく能力も、人脈も無いというのが事実です。

仮にあったとしても個人での制作を望むでしょうが。


えっと、進捗とか書いておきながら、心境ばかり語ってしまいましたね。


作業的な進捗ですが、色々足りてないなと思う部分が多くあり、シナリオはまだ序盤の段階です。

具体的には、キャラクターの設定で時間がかかっています。

話を進めるうえで、キャラクターの情報を練っていくのは重要だと気づいたのです。

あとキャラクターデザインも先に進めておこうかと。

やはり描写する中でイメージがあるとないとでは変わってくると思うので。


今後の予定としては、キャラデザ・キャラ設定決まり次第、シナリオ作業再開。

シナリオができたら、ゲームとして動かすための作業を行う予定です。


恐らく、進める中でまた新たに足りない部分が出てくるかと思いますが、そういう部分も初めて挑戦する上での面白いところだと考えて、楽しもうと思います。


あと、イラスト + 小説 → ビジュアルノベルゲームみたいなこと書きましたが、これが個人でできるのは、便利なツールがあるからだなと思います。

素人でもノベルゲームを製作できるツールを開発している方には、本当に感謝です。


何か色々と徒然なるままに書きましたか、進捗はこんなところです。


キャラデザインとか、発表できそうな情報が生まれたらまた更新しようと思います。

それではまた。

鯛焼ぷろじぇくと。

鯛焼ぷろじぇくと。における、ノベルゲーム制作の状況報告・その他告知などを行います。

0コメント

  • 1000 / 1000